かしこく節税!フリーランスが知っておきたい節税術

これでバッチリ!フリーランスの節税術まとめ

確定申告の仕組みと青色申告

自由気ままに仕事ができるというイメージを持たれる事の多いフリーランスですが、好きなことで自分の能力を頼りにお金を稼ぐというのは並大抵ではいきません。
また、会社という組織の後ろ盾がないため自分の身は自分で守らねばなりません。
どのように仕事をしていけばよいかを考えていきたいと思います。

フリーランスという言葉を明確に定義するのは難しいかと思いますが、デザイナー、ライター、ミュージシャン、カメラマンといった従来からよく知られたジャンルからはじまり弁護士、建築士、税理士などの士業関連、さらに最近ですとPCスキルを活かしたプログラマー、センスを発揮できるインテリアコーディネーターといった職業も増えてきました。

物を在庫としてもって売買するというよりも、自分の能力で頼まれた仕事を完成させそれに対して報酬を受け取るという共通項があるかと思います。

そして重要なのが、相手とのお金のやりとりを自分で管理する点です。
他人任せにはするのではなく自身でお金のやりとりを正確に把握することによって無駄な部分が見えてきて、最終的に節税につながっていくのです。

まず一番最初は家計簿感覚で、スタイルは何でもよいので出入金を記録していきましょう。
慣れてきたら現金出納帳を使って記帳したりエクセルのフォーマットを使うのもよいと思います。
肝心な点はお金の動きを把握するということです。
他にも事業用の口座を開設し、プライベートの口座と分けることも重要です。
事業に関する費用と、生活に関する費用をきちんと区別することでのちの確定申告の際に役立ちます。


ページの
先頭へ