金融機関の不良債権の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

金融と不良債権の関係

多くの企業は銀行などの金融機関からの借金によって成り立っています。事業を行う場合には自己資本はわずかで、残りの費用は機関より借りて運営資金に回します。それにより事業を行います。事業が順調なうちは借金を返済できますが、赤字を出したり、売り上げ金をもらえないなどの時には、返済が滞ってしまいます。一般的に不景気になると、会社の経営状態が悪くなり不良債権が増加します。経営状態が良くなり不良債権が減少するので借金を返済することができます。企業の経営悪化や倒産などが増えてくると、金融機関の銀行にとっては貸し出したお金を回収することができなくなります。

不良債権が与える影響

不良債権とは、銀行などの金融機関が融資した企業などが経営不振や破綻などにより返済不能になった債権のことです。当初の条件での返済ができていない債権、元本や利息の返済が3か月以上滞納している債権も含まれます。返済を前提に融資を行うので、返済されないと預金の利息など調達コストがどんどん増えていき、銀行の収益を圧迫します。不良債権は損失となるので、経営の健全化に悪影響を及ぼし最悪の場合には、金融機関自身が破綻してしまいます。処理方法として、損失を確定させる償却や経営破綻に備え費用を計上する引当てがあります。債権の額は情報開示されているので、いつでも調べることができます。

© Copyright 金融機関の不良債権とは. All rights reserved.