これでバッチリ!フリーランスの節税術まとめ

雇われないという働き方

会社員とフリーランスの税務上の違い

普通の会社員の場合ですと、税金や年金などはあらかじめ振込をされる前に差し引かれています。
そして振り込まれたお金は、本人が自由につかえるわけです。
(可処分所得と呼ばれています。)
それに対してフリーランスの場合はまず収入から経費を引いて、その金額から控除が受けられるものを差し引き、その残りに対してかかる税額を自ら納めるという少しややこしい手順を踏まねばなりません。
そしてフリーランスとして仕事をして受け取った報酬からはあらかじめ源泉所得税を差し引かれているかと思いますが、この引かれた税額は多すぎることが多いので、正しい税額を計算して申告して取り戻すという流れが一般的なフリーランスの確定申告となります。

よく聞く青色申告とは何か?

確定申告における節税でおすすめとなっているのが青色申告という制度です。
まず最大の特徴としては正規の簿記ルールによる帳簿づけ(複式簿記)をし、申告に必要な決算書を作成すると所得から65万円控除できるというものです。
他にも赤字と黒字の相殺ができたり青色申告決算書の中に記載すれば、30万円未満の固定資産を年間合計300万円まで計上できたりといったメリットがあります。

「現金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」「経費帳」「固定資産台帳」以上5つを使った方式を簡易帳簿といい、青色申告では10万円の控除が受けられます。
これに加え「預金出納帳」「受取手形記入帳」「支払手形記入帳」「特定取引仕訳帳」「特定勘定元帳」を使った方式が複式簿記です。

複式簿記なんて難しそうでわからないといった意見が多いかと思いますが、節税の意識が高い方には挑戦してほしい制度です。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ